海外ドラマ

Netflixオリジナルドラマ「What/If 選択の連鎖」のネタバレ感想!面白い?つまらない?評判を徹底調査!

こんにちはpoboです!

「What/If 選択の連鎖」2019年5月24日よりNetflixにてシーズン1が独占配信されたドラマです!

名女優レニー・ゼルウィガーが超やり手かつ謎の多い女資産家としてその存在感を思う存分発揮してくれます。

今作のテーマはサブタイトルにもあるように、人が生きているうちに決断しなければならない選択の数々にフォーカスを当て、その決断が幸か不幸か関わっている周りの人間に及ぼす影響の様を描いております。

 

という事でこのページではNetflixオリジナルドラマ「What/If 選択の連鎖」のネタバレ感想や評判、口コミ感想についてご紹介させて頂ければと思います。

よろしくお願い致します!

「What/If 選択の連鎖」キャスト

 

レニー・ゼルウィガー

アン・モンゴメリー:今作を盛り上げる最も重要な人物。

序盤からひたすらに謎に包まれており、次第に彼女の過去にある大きな秘密が紐解かれていく。

 

ジェーン・レヴィ

リサ:ショーンの妻で、医薬品開発会社の代表取締役。出資会社を探すため日々プレゼンに追われている。

しかしある日、偶然にもアン・モンゴメリーとのアポイントを手に入れることになる。

 

ブレイク・ジェンナー

ショーン:医薬品開発の会社を持つ妻リサの夫。リサを全面的にサポートしており、彼女の会社の成功を誰よりも望んでいる。

しかし過去にはリサにも言えずにいる秘密を抱えている。

 

あらすじ

医薬品開発会社を持つ妻ケリーは日々、他社をまわり自社のプロジェクトのプレゼンに追われていた。

それは自身の会社に出資をしてくれる企業を探すためである。

しかしそのプロジェクトの進行には莫大な資金がいる為、そう簡単に出資会社が見つかるわけもなかった。

そんなある日、ケリーの成功を願い自分は本業とアルバイトをかけ持ってくれている夫のショーンが、街一番のやり手女投資家であるアン・モンゴメリーとのアポイントを偶然にも手に入れた。

夫婦そろってアンの元へ出向き出資の件を伝える。するとアンは、ある条件を呑むなら出資をしてもいいと言い出したのだ。

「あなたの夫を一晩貸してくれるのなら出資をしてあげてもいいわ」




公開予告映像

“予告映像”

”予告映像”

 

評判や口コミまとめ(ネタバレはありません)

”Renee Zellwegerの嫌な女役嫌いじゃないw”

”色々伏線散りばめられててかなり面白い 一気に見るかちょっとづつ見るか迷う!”

”episode1の後半から一気に面白いです!”

”登場人物がみんな個性があって良い!
秘密、不倫、裏切り、嘘、意外な展開が面白くて最後まで飽きる事なく楽しめた”

”過去がいつまでも付きまとってくる恐怖。
ハラハラドキドキな作品でした。”

 

ドラマの感想をまとめたところこのような結果となりました。(2019/05/25時点)

Netflixオリジナルドラマでは珍しいことに低評価の感想が全くありませんでした!

ほとんどの方が展開やストーリーに飽きることなく最後まで一気に見ることが出来たとのことなのです。

まあ私自身も途中止まることなく全て視聴してしまった1人なんですけどね(笑)

まだ公開されたばかりで感想も収集中ですので、集まり次第更新を続けていきたいと思っております。




ネタバレ感想

今作は様々な人間関係が縦横無尽に入り乱れた作品です。

Netflix公式サイトに紹介されているあらすじにはケリー、ショーン、アンの3人の人間模様しか描かれておりませんが、実際にはそれ以外にももっと複雑にドロドロと目が離せないポイントがたくさんあります。

ケリーの同性愛者である兄の恋愛模様や過去、友人の夫婦の妊娠が発覚したけれどその妻が上司と不倫をかましちゃってるなど展開に落ち着きは全くありません(笑)

なので他の方が言っているように、最後まで一気に見てしまう気持ちがめちゃめちゃわかります。ていうか早く次が気になって一気に見るしかないんですよね。

 

アン・モンゴメリー

アン・モンゴメリーがこの夫婦に近付いてきた理由は決して偶然ではなく、なんと過去に手放してしまった自分の娘であるリサに再び会いたいと思い姿を現したのです。

超冷酷と謳われた女性にも唯一と言っていいほどの人間らしい部分があったという事ですね。

しかも彼女の親は超典型的な子育て放棄の母親であるため、悪魔とまで呼ばれた彼女の強さには想像を絶するほどの経験があったからこそそこまで人としての芯が強くなっていったということです。

序盤はひたすらこのアン・モンゴメリーという人物の謎めいた雰囲気について考えさせられたのですが、次第に彼女の背景が明らかになっていくうちに強さの裏に隠れた弱さも見え隠れし始めます。

私は視聴し始めの時はアンがこのドラマのプレイヤー的存在で、その他の登場人物がチェスの駒だと思っていました。

しかし視聴していくうちに彼女自身もこの「選択の連鎖」の渦中である存在だったんだなと気付かされました。

 

隠されていたショーンの過去

過去に元カノを守るためとはいえ人を殴り殺してしまった過去を持つショーン。それを今までのあいだ世間にはもちろんリサにも隠し続け、良い人間を演じ続けてきました。アンはそんなショーンの過去を逆手にとり娘であるリサから引っぺがそうとしていたわけですね。

いやー、言えないっしょー・・・

めっちゃ私はショーンの気持ちに感情移入しちゃいましたけどね。

もちろん自首しないといけないんですよ?いけないんだけどやっぱり隠し通せるものなら隠し通しちゃいたいっていう臆病な人間って多いと思うんだよなぁ。

まあ「そのまま隠し通せちゃいました!」なんていう展開はドラマでは絶対にできないからそんな展開はないとわかって見てはいましたけど、

大切な人と一緒にいる為ならこのままでいたいなぁって思っちゃうショーンの気持ちがかなり私の中にもあることに気付いてしまいました。

なかなか正しいことをするのって難しいんですね。私もめちゃめちゃ臆病者です・・・笑




まとめ

今回はNetflixオリジナルドラマ「What/If 選択の連鎖」の評判と口コミ感想をご紹介させて頂きました。

このページをご覧いただいて少しでも参考になったという方は、ぜひブログランキングへの応援ボタンを押していって下さい!

少しでも多くの方にブログをお読みいただきたいのと、今後の更新のやる気がめちゃめちゃ出ます!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


映画評論・レビューランキング